2007年09月22日

【運営管理】まちづくり三法ってなんだ?

運営管理の中で店舗・販売管理の一番最初に触れることとなるのが、
「まちづくり三法」です。

まちづくり三法というのは、

大規模小売店舗立地法(大店立地法)

中心市街地活性化法

都市計画法

の3つの法律の総称です。

いったいこれ、なんだ?

という話なのですが、まずイメージしていただきたいのが、駅前の商店街が昼間からがら〜んとした風景です。

スラム街?

主要都市でも、中心になる駅から何駅か外れただけで、この様な風景に出くわすことがあります。

しかし、その一方で郊外にはどっかんどっかんと大規模なショッピングセンターやショッピングモールが建築されています。

駅前がどんどんさびれていくのに、郊外にばかり人が流れていってしまうのはいかがなものか。
しかも今後高齢化が進む中で、車の運転が困難なお年寄りは郊外まで買い物なんか行けませんよ。。。

このまま放っておくと、スラム街のような駅前商店街ばっかりになってしまう。。。

ならば、法律を使ってまちづくりを考えましょうよ!

というのが、まちづくり三法のざっくりとした目的です。

ポイントとして上げられるのは、
@やる気のある自治体に対しては、手厚い国の支援を得られる

Aまちづくりに市民の声も反映させる

B1万平方メートル超の大規模集客施設の郊外出店を原則禁止

C市町村のまちづくりで都道府県知事が周辺市町村から意見聴取し、周辺地域への影響を考慮する仕組みの採用

目指すのは、人口減少、超高齢化社会を迎えるにあたって、
都市機能を集約したコンパクトなまちづくりの実現です。

郊外のショッピング施設に遊びに行くのも大好きですが、
たまには地元の商店街でぶら〜り散歩しながら買い物っていうのも
なかなか楽しいかもしれませんよ。

ではでは。

中小企業診断士スピードテキスト〈2007年度版 3〉運営管理

電車でおぼえる中小企業診断士〈3〉運営管理/経営情報システム

中小企業診断士スピード問題集〈2007年度版 3〉運営管理


ファイブスタイル ブログランキング



▼記事に満足したらここをクリック▼
ブログランキングランキングオンライン


人気blogランキングへ



posted by マサ at 12:27| Comment(36) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月16日

【経済学】GDPって何?

診断士試験の中で、財務会計の次に難易度が高いと思われるのは経済学です。

最近は言葉を覚えるだけでは太刀打ちできないような問題も出題されています。
しかし、やはりこの科目も言葉を覚えることが学習の第一歩になりますから、基本を抑えていきたいと思います。

そもそも経済学はミクロ経済学とマクロ経済学に分類されることは以前お伝えしましたが、ミクロ経済学は企業内もしくは企業間の経済であるために、企業経営理論や財務会計にも通じる分野です。

しかし、マクロ経済学は世界の市場全体を範囲とするものですから、独自の言語や概念を理解する必要があります。

ですので、このブログではマクロ経済学を中心として学習を進めていきたいと思います。
(私がマクロ経済が苦手というのも理由です。。。)

マクロ経済学の中でも、最初に登場する言葉、それが

GDP(Gross Domestic Product)

です。

GDPは国内総生産と訳され、ある国において一定期間内に生み出された財・サービスの付加価値の総額です。

・・・わかりにくいですよね?(笑)

付加価値額というのは、生産額から中間投入額を引いた数字です。

例えば、皆さんのお手元に300円のパンがあるとします。

パンは小麦粉を使って作られていますから、パン屋は製粉業者から200円で仕入れます。

さらに製粉業者は、小麦粉を作るために農家から小麦を100円で仕入れます。

つまり最終的にパンとして販売するまでには、
農家100円+製粉業者200円+パン屋300円=600円の生産額が生まれています。

また、その600円の生産額を生むためには、
小麦100円+小麦粉200円=300円の中間投入額が生まれています。

つまり、このパンが皆さんのお手元にあるということは、

600円(生産額)−300円(中間投入額)

=300円のGDPが生まれていることになります。

日本のGDPというのはつまり、上記のようなGDPがそれぞれの生産額が積み重なっている数字なのです。

GDPは、国全体の家計簿である国民経済計算の重要な指標となります。

え〜。GDPのことを書いていると、このブログだけでは説明しきれないことに気付いてきました。。。

今日はここまで!(笑)



ファイブスタイル ブログランキング



▼記事に満足したらここをクリック▼
ブログランキングランキングオンライン


人気blogランキングへ
posted by マサ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

【財務会計】ROAってなんだ。

財務会計は、中小企業診断士試験の中でも最難関科目です。

会計や簿記の勉強をある程度積んだ方でも、試験時間60分内ですべての問題を正確にクリアするのは至難の業です。

ましてや、私のようにそれまで簿記の簿の字も勉強してこなかった方にとってはひじょ〜〜に苦しい科目になると思います。

しかしだからと言って諦めていてはいつまでたっても合格は近づいてきませんので、一緒に勉強を積み重ねて行きましょう。


ちなみに、9月7日に2007年度診断士試験の合格発表がありました。私は自分の予想通り、残念ながら不合格でした。
科目では、かろうじて企業経営理論と経営情報システムが合格、その他5科目は今年も引き続き勉強を継続することとなります。

しかし、2科目は合格できたんですから、確実に前進しています!
前進しているはず!!(笑)

そんなわけで、このブログでも必然的に企業経営理論と経営情報以外の科目を取り上げる回数が多くなると思いますが、ご了承ください(笑)

では、財務の話に戻ります。

財務会計では、計算問題が中心となりますが、基本的には他の科目と同じように会計特有の言葉を覚える必要があります。
ですので、財務を取り上げる場合も言葉中心に説明をしていきたいと思います。

今回は、中小企業診断士が日常的な業務として行う会計を使った経営分析の中から、「ROA」を取り上げます。

ROA(Return on Assets)

=総資本対事業利益率もしくは総資産利益率

この指標を見ることで、企業が持つ資産でいかに効率良く利益を稼いでいるのかがわかります。

つまり、同じ1億円の利益を上げていたとしても、10億円の設備を使って出した利益なのか、100億円の設備を使って出した利益なのかでは価値が違います。

ROAの式は、事業利益÷総資本×100(%)で計算し

ます。

※事業利益=営業利益+受取利息・配当金

事業利益が同じであれば、分母である総資本が小さいほどROAの数値は大きくなりますので、当然ROAの数値は高い方が理想的です。

ROAが大きいということは、

小さな投資で大きな利益を生んでいる会社

ということが言えます。
株式投資をするときなどにも参考にできる指標です。


財務会計は範囲も広く、言葉一つ一つを理解するのも至難の業ですが、このブログも息抜きがてら学習の足しになればと思います。

では、また頑張っていきましょう!


中小企業診断士スピード問題集〈2007年度版 2〉財務・会計

中小企業診断士スピードテキスト〈2〉財務・会計


ファイブスタイル ブログランキング



▼記事に満足したらここをクリック▼
ブログランキングランキングオンライン


人気blogランキングへ
posted by マサ at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月31日

企業経営理論の超メジャーキーワード

大変お待たせいたしました。

今回から、具体的な試験科目の中味に入っていきたいと思います。

ブログを通じて自分自身と皆さんの学習を効率良く進めるにはどうするべきか考えましたが、最も手っ取り早いのは重要キーワードの紹介と解説だと思います。

学習することはすなわち、

「語彙の範囲を広げること」

だと言えると思います。

中小企業診断士試験で学ぶキーワードは、その意味を理解し日常的に使うことでビジネスで必要なほとんどの知識を網羅できます。

このブログで紹介するキーワードを日常的にも意識して使ってみながら、長期記憶として定着させていただければと思います。

さて、今回は企業経営理論(経営戦略)におけるメジャーキーワードを紹介します。

「マネジメントサイクル」

企業が経営目標を達成するためには単に計画をたてるだけでなく、その目標を達成するためにどのように効率良く経営資源を運用管理するかが重要になります。

マネジメントサイクルは、経営計画の統制のための手法です。

マネジメントサイクルにはPDSサイクル、PDCAサイクルなどがあります。

P:Plan(計画)→D:Do(実行)→S:See(統制)

または、

P:Plan(計画)→D:Do(実行)
 →C:Check(評価)→A:Action(修正)

例を挙げると、

ジョギングしてダイエットをするぞ!(Plan)

3キロ/日を続けてみるぞ〜!(Do)

ダイエット以前に、ジョギングがまったく続きません。。。
(Check)

1キロ/日に減らして続けてみよう(Action)

ということになります。

分かりやすいかと思ってダイエットの例を挙げましたが、それこそ試験勉強にも適用できますし、日々の仕事にも役立てられるかと思います。

ぜひ言葉に出して使ってみて下さい。

ピーディーエス!

ピーディーシーエー!



中小企業診断士スピードテキスト〈1〉企業経営理論

中小企業診断士スピード問題集〈2007年度版 1〉企業経営理論


ファイブスタイル ブログランキング



▼記事に満足したらここをクリック▼
ブログランキングランキングオンライン


人気blogランキングへ
posted by マサ at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月27日

中小企業診断士になりきってしまう勉強法

今回も、前回に引き続き勉強法についてお話しようと思います。次回からは具体的に内容に入っていこうと思いますので、もう一回だけ付き合って下さい(笑)

私は中小企業診断士の試験勉強をするにあたり、勉強法に関する本も何冊か読みました。

その本に共通して言えることは、非常にシンプルなことです。

つまり勉強は、

インプットとアウトプットの繰り返しです。

効率良くインプットし、いつでもアウトプットができる状態になるように整理する。

これを上手く反復することが、すなわち勉強法の骨組みになっています。


人間の記憶は2種類あります。短期記憶と長期記憶です。
ここでいうインプットというのは、長期記憶を指しています。

例えば試験勉強のために一夜漬けで覚えることは試験が終わってしまえばすぐに忘れてしまいますよね?これは短期記憶です。

例えば自分の名前や恋人の名前はいつまでたっても忘れることはありません。これは長期記憶です。

勉強した内容をどうやって長期記憶に持っていくか

これこそが試験勉強永遠のテーマです。

私が思うに、長期記憶とは知っていて当たり前のことが入っている引き出しです。先ほど例に挙げた自分の名前や恋人の名前もそうですが、もう少し細かく言うと、自分の仕事で使う専門用語や業務フローは知っていて当たり前なので長期記憶の引き出しに入っているはずです。

前置きが非常に長くなってしまいましたが、

つまり、

試験勉強段階から中小企業診断士に

なりきってしまえばいいのではないだろうか


と。

かな〜り強引ですが、勉強段階から診断士になりきることで、「この勉強の内容は知っていて当たり前のことなんだ」と思い込んでしまうのはどうでしょうか、と。

はい、上記を踏まえて、次回から具体的な内容に入らせていただきます(笑)


最短で結果が出る超勉強法

無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法


ファイブスタイル ブログランキング



▼記事に満足したらここをクリック▼
ブログランキングランキングオンライン


人気blogランキングへ
posted by マサ at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月26日

中小企業診断士試験の勉強はマラソンです。

前回に引き続き、私が1年かけてしてきた診断士試験の勉強法についてお話したいと思います。

前回は診断士試験勉強をするための環境作りの重要性についてお話しましたが、環境作りをする際には長期的な展望が必要になります。

診断士試験の特徴は範囲の広さです。このブログでも紹介しましたが、企業経営にまつわる7つの科目はそれぞれが単独で一つの資格試験ができるほどのボリュームがあります。

言うなれば、7つの資格を一度に取るようなものです。

一夜漬けなんてものは一切通用しません。

私は1年かけて、やっと全ての試験範囲がぎりぎり終わる位のペースでした。全体の復習にかけられる時間は2ヶ月間あるか無いかという常態です。

いかに集中力を持続できるかが勝負になりますので、陸上競技に例えるなら完全にマラソンです。
最初飛ばしすぎても途中でバテますし、ペースが遅すぎるとゴールするまでにものすごく時間がかかってしまいます。

私は資格のTACでDVD通信コースを選択していました。DVDは学習のスケジュールに合わせて分割して郵送されてきます。

DVDの郵送は私のペースメーカーになってくれました。

TACではDVD通信講座の他、毎週土曜日の通いコースもあります。
しかし私のライフスタイルから考えると、毎週土曜日が講義のために完全に潰れてしまうというのは恐らく途中で挫折することになると考えました。

勉強法を選択する際に重要なのは、

自分のライフスタイルに合っているか

とういことになると思います。

現在仕事を持たれている方だと、土日というのは貴重な休日です。恋人や家族のために使いたい時だってあります。私もそうでした。
また、家の近所に資格の専門学校があればいいですが、土曜日に1〜2時間かけて勉強しにいくというのが1年続くのはかなりのモチベーションが必要になってきます。

総合的に考えて、私は通信講座を選択しました。

しかし講義をライブで受けることにも、もちろん大きなメリットがあります。

まず時間的に拘束されますので、強制的に勉強に集中できます。
家でDVDを見ていると、気付くとベッドの中にいる場合があります。
教室にはベッドが用意されていませんから、途中でベッドに入ってしまうようなことにはなりません(笑)

また、同じ目標を持って試験勉強をするライバルと同じ空間で勉強できるということも大きなメリットです。

私は模試に限っては現地で受験しましたが、不思議なことに、周りの受講生が揃いも揃って賢そ〜な顔をしています。
あの空間にいると、自分も出来る限り賢くならなくてはという気分にさせられます(笑)

自分自身だけでは全く勉強ができませ〜ん。という方には、ぜひともライブで受講していただくことをお勧めします。

では、次回も引き続き勉強法についてお話させていただきたいと思います。


全く関係ありませんが、私は中学高校と陸上部だったため、
世界陸上が大好きです。

Track&Field&Love&Peace!!

テンションが上がってしまいました(笑)

中小企業診断士試験大合格体験記―合格者のアンケート調査&再現答案で試験対策もバッチリ

最新 人気講師が教える中小企業診断士「最短最速」合格法


ファイブスタイル ブログランキング


▼記事に満足したらここをクリック▼
ブログランキングランキングオンライン


人気blogランキングへ
posted by マサ at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月25日

1年で中小企業診断士に合格しようとして、私が使った勉強方法を教えます。

しつこいようですが、私は診断士の資格を持っていません。
今年初めて受けた診断士1次試験はおそらく、突破できていないと感じています。(合格発表は9月7日)

ですので、偉そうなことを言うつもりは全く、まっっっったく、ありません。

ですが、私が1年前に診断士を志してから、1次試験を終えた現在までにどのような勉強してきたかをお知らせすることは、これから診断士を志される方の学習に少しは役に立つんではないかと思います。
(反面教師として)

もちろん自分自身が反省すべき点も明らかになるはずですので、これからの自分の勉強継続のためにも、お話させていただきます。

長くなると思うので、何回かに分けてお話します。申し訳ないですが、何回かご訪問いただければうれしいです(笑)


私が思うに、勉強する上で最も重要なことは、

勉強するための環境を、

いかに確保するか。


これに尽きると思います。

では私がどのような環境の中で勉強を積んでいたかということをお話します。

私は営業マンとしてフルタイムで正社員として働いています。
平日は9:00からだいたい20:00まで、時期によってはさらに遅くまで働き、土日に出勤することもそんなに珍しくありません。

現在は独身1人暮らしですので、会社が終わった後は夕食を自分で用意し(ほとんど外食ですが)、それが終わってやっと勉強が開始できます。だいたいここで10時〜11時くらいでしょうか。

仕事で疲れていることもあり、結果的に平日はまとまった勉強はできませんでした。。。

私はたまたま独身で1人暮らしということもあり、それでも関連する本を読んだり、財務の計算問題を1問だけでもやってみたりと自分の意思さえ強ければ勉強時間を確保することは可能でした。
しかも土日は平日に時間が取れなかった分、6〜10時間は勉強に使うことができました。

しかし、診断士を志される方の中には既婚者の方ももちろんいらっしゃいます。そうなると土日だってそうそう時間は確保できません。
その場合は、やはりご家族の理解をいかに勝ち取るかが重要になると思います。

時間の確保という面で考えると、私は恵まれていた方だと思います。その中でも私が反省すべき点は、

平日の時間を有効に使えなかった

ことです。
合格している方は、電車に乗っている5分、10分の時間でも確保できれば勉強しているようです。言い換えると、

スキマ時間の有効活用

これが上手く出来るようになれば、平日の学習が非常に効率良くできるはずです。

スキマ時間に問題を解けば疑問点などが蓄積しますから、その疑問を解消したくなるというのが受験生の自然な流れです。

仕事が終わった夜に改めて机に向かって気合を入れる必要がなく、

疑問点の解消のためだけに教科書を

開けばいいのですから


結構自然に勉強に入っていけるのではないでしょうか。


前置きが非常に長くなってしまいました(笑)
次回からは具体的な勉強法についてお話しします。

では、またのご訪問をお待ちしています。


働きながら1年で!中小企業診断士最短合格の時間術・勉強術

資格クィーンが教える 一発合格の勉強術~「税理士・中小企業診断士・社労士」に“高卒・働きながら”で合格の秘訣~


ファイブスタイル ブログランキング


▼記事に満足したらここをクリック▼
ブログランキングランキングオンライン

posted by マサ at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月24日

果たして集中力は維持できているか!?中小企業経営・政策

とうとうやってきました。診断士試験7科目のラストを飾る、
中小企業経営・中小企業政策です。

中小企業診断士が顧客である中小企業の経営戦略策定に対して助言する際、社会全体における中小企業の現状を正確に把握している必要があります。

社会情勢と中小企業経営は密接なつながりを持っていますし、大企業との差別化を探る上でも重要な知識を蓄えるための科目です。

上記が「中小企業経営」なのに対し、「中小企業政策」では
国や地方自治体が講じている各種経営支援政策について学習します。

新たに事業を興す、事業を拡大するなどを考える場合、診断士は中小企業を支援する国や自治体の政策を有効に活用するアドバイスができなくてはなりません。

さて、この科目ですが、7科目にしてなんと、

最も暗記する量と質を求められます。

私は診断士試験対策を通信教育を使っているのですが、中小企業経営・政策の範囲に入ったのは試験2ヶ月前の6月です。
正直、それまでの6科目を頭に入れるのでもひいひい言っていたにも関わらず、とどめのボリュームたっぷり暗記科目です。

試験の難易度うんぬんではありません。

いかに集中力を維持できているか

これにつきます。

さあ、これで7科目全ての概要をお話しました。
これからが勝負です。次回の試験に合格するため、一つ一つの科目を自分自身でも復習しながら、皆さんと勉強していきたいと思います。

がんばりましょう!!

中小企業診断士スピードテキスト〈7〉中小企業経営・中小企業政策

▼記事に満足したらここをクリック▼
ブログランキングランキングオンライン


人気blogランキングへ


ファイブスタイル ブログランキング


posted by マサ at 00:32| Comment(6) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月23日

法律を知ることは最大の防御!経営法務

企業が活動をする際、また新規で事業を始める際、新しい商品を開発するとき、必ず法律は関わってきます。

診断士が経営者に助言する際、当然のことながら企業経営に関わる最低限の法律知識が必要になり、場合によっては法律の専門家である弁護士と経営者の橋渡し役を務めることになります。

経営がいたって順調だったとしても、知らない間に法律の落とし穴に落とされてしまうことだってあります。

特許侵害などはその最たる例で、会社の生命線であるような商品が突然販売できなくなるようなことだってありえます。

法律を知ることは、まさに

最大の防御なのです。


経営法務では企業経営に関する必要最低限の法律知識を学習します。
範囲は下記の通りです。
1.民法、商法(商行為)
2.会社法
3.資本市場(証券取引法[金融商品取引法])
4.倒産法制
5.知的財産権
6.その他法律知識(独占禁止法、製造物責任法など)

しかしです、

試験範囲を全て詳細に理解し、条文を暗記するような必要は全くありません。
診断士試験では、経営法務は1次試験のみの科目になりますので、キーワードと意味を把握し、択一問題で正しい選択肢にしるしがつけられるレベルまで持っていければ合格できます。

また、上記6項目の中でも出題数には比重があり、かなりの差があります。

言ってしまうと、

2.会社法

5.知的財産権

この2項目さえきっちりと抑えてしまえば、合格基準である6割は問題無くクリアできるはずです。

欲張らず、必要な部分だけきっちりと覚えてしまいましょう。

まあ、私は全くきっちりと覚えられなかったんですけどね(笑)


少ない資源の活用は「選択と集中」が基本です。
時間という限られた資源を有効に使いましょう!


中小企業診断士スピードテキスト〈5〉経営法務

中小企業診断士 スピード問題集〈5〉経営法務〈2007年度版〉

▼記事に満足したらここをクリック▼
ブログランキングランキングオンライン


人気blogランキングへ
posted by マサ at 01:14| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月20日

天国か地獄か!経営情報システム

IT、いわゆる情報技術の著しい発展は、企業経営にも大きく影響を及ぼしています。

ITを駆使することで、企業が日々蓄積する売上げや在庫、受発注データを一元管理し、それを経営の指針にすることが可能になります。

診断士が経営者に助言する際、当然のことながらITに関する知識も駆使しなくてはならない局面が出てくるのは明らかです。第5の科目である「経営情報システム」では、情報技術、情報システムの広い範囲での知識が問われます。

さあ、ここからが分かれ道です。

経営情報システムの特徴は、専門用語の多さにあります。
これまで業務などでITに触れている方であればすんなりと入っていける科目ですが、逆にITやパソコンに全く関わってこなかった方には非常に苦しい科目になります。

後者の方は、

外国語を勉強しているような気分になるかもしれませ

ん。


ただし、恐れる必要はありません。
用語さえ覚えてしまえば、難易度はそれほど高くないと感じています。

というか、

自力でこのブログを見に来れるような方ならとりあえず

問題ないです(笑)


というわけで、皆さんにとっては経営情報システムは天国科目になることでしょう。

中小企業診断士スピードテキスト〈4〉経営情報システム

中小企業診断士 スピード問題集〈4〉経営情報システム〈2007年度版〉

▼記事に満足したらここをクリック▼
ブログランキングランキングオンライン


人気blogランキングへ
posted by マサ at 23:24| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。