2007年09月22日

【運営管理】まちづくり三法ってなんだ?

運営管理の中で店舗・販売管理の一番最初に触れることとなるのが、
「まちづくり三法」です。

まちづくり三法というのは、

大規模小売店舗立地法(大店立地法)

中心市街地活性化法

都市計画法

の3つの法律の総称です。

いったいこれ、なんだ?

という話なのですが、まずイメージしていただきたいのが、駅前の商店街が昼間からがら〜んとした風景です。

スラム街?

主要都市でも、中心になる駅から何駅か外れただけで、この様な風景に出くわすことがあります。

しかし、その一方で郊外にはどっかんどっかんと大規模なショッピングセンターやショッピングモールが建築されています。

駅前がどんどんさびれていくのに、郊外にばかり人が流れていってしまうのはいかがなものか。
しかも今後高齢化が進む中で、車の運転が困難なお年寄りは郊外まで買い物なんか行けませんよ。。。

このまま放っておくと、スラム街のような駅前商店街ばっかりになってしまう。。。

ならば、法律を使ってまちづくりを考えましょうよ!

というのが、まちづくり三法のざっくりとした目的です。

ポイントとして上げられるのは、
@やる気のある自治体に対しては、手厚い国の支援を得られる

Aまちづくりに市民の声も反映させる

B1万平方メートル超の大規模集客施設の郊外出店を原則禁止

C市町村のまちづくりで都道府県知事が周辺市町村から意見聴取し、周辺地域への影響を考慮する仕組みの採用

目指すのは、人口減少、超高齢化社会を迎えるにあたって、
都市機能を集約したコンパクトなまちづくりの実現です。

郊外のショッピング施設に遊びに行くのも大好きですが、
たまには地元の商店街でぶら〜り散歩しながら買い物っていうのも
なかなか楽しいかもしれませんよ。

ではでは。

中小企業診断士スピードテキスト〈2007年度版 3〉運営管理

電車でおぼえる中小企業診断士〈3〉運営管理/経営情報システム

中小企業診断士スピード問題集〈2007年度版 3〉運営管理


ファイブスタイル ブログランキング



▼記事に満足したらここをクリック▼
ブログランキングランキングオンライン


人気blogランキングへ





posted by マサ at 12:27| Comment(36) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。